虫の話

いろんな虫についてのブログ

クモ

蜘蛛の足はちぎれると再生する。生えるためには条件があった!

投稿日:

足がちぎれた蜘蛛を見かけることはありませんか?

その蜘蛛はもしかしたら、足を再生するチャンスを逃した蜘蛛かもしれませんよ。
蜘蛛が失った足を再生できるかどうかは、足を失った時期が大切なんです。

スポンサーリンク

蜘蛛の足がちぎれる理由とは

蜘蛛の足は8本あるけれど、実は余分に生えているんです。

だから、1,2本なくなっても大問題ではないんですよね。

節足動物やトカゲなんかは、自切(じせつ)といって、危機的状況になると、自分の尻尾や足を切り捨てて、逃げる道を選びます。

そう、トカゲのしっぽ切りは有名ですよね。

トカゲを捕まえようと尻尾を掴むと、スパッ(という音は実際にはしないけれど・・・)と尻尾を切り捨てて逃げていきます。

蜘蛛も同じで、危険な状況に陥ったら、足を切り離して逃げるんですよ。

クモにとって危機的な状況というと、天敵に襲われた場合などがあげられます。

蜘蛛は、足の付け根から切り離すことが多いです。

では、切り取ったクモの足はどうやって再生するのかお話しますね。

蜘蛛の足は再生する

クモの足は、脱皮すると新しい足が生えてきます。

1回目の脱皮では、元からあった足より短いのですが、2回、3回と脱皮を繰り返すうちに次第に足の長さも同じになります。

脱皮回数は個体にもよるけれど、概ね8回程度。
脱皮回数が少ないほど、足を再生できる確率は高くなるんです。

クモの中には、一生脱皮を繰り返す蜘蛛もいます。

こういう蜘蛛は、足がちぎれても、何度でも再生できるので、他のクモからしたら、羨ましいのかもしれませんね。


スポンサーリンク

蜘蛛の足が生えるとは限らない

大概の蜘蛛が脱皮をするのは、幼体の間だけ。
成体になると、脱皮は行われなくなります。

だから、大人になって自切したら、もう二度と足は生えてこないんです。

最初にお話したとおり、蜘蛛の足は余分に生えているため、1、2本程度なくても、問題なく生きていくことは可能です。

けれど、たまに半数近く、足を失っているクモを見かけたことはありませんか?

4本でもクモは生きることができます。

後ろ脚の本数が少ないと、身体で勢いを付けて前に移動したり。
自由自在には動けないため、天敵に捕食されてしまう確率はあがってしまいますが・・・。

まとめ

クモの足は、期間が限られているとはいえ、再生できるなんて、羨ましい限りですよね。

人間に足をつままれても、自切して逃走するので、成体の足はなるべく掴まないようにしてあげるといいですよ。

スポンサーリンク

-クモ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

物干しの蜘蛛の巣対策でクモの巣スプレーは洗濯物に殺虫剤がつく!?

物干しにクモの巣が張られていると、お洗濯物を干すのも憂鬱になりますよね。 スポンサーリンク 朝クモの巣を除去しても、午後にはまた張られていたり。 中にはお洗濯ものにクモの巣を張られて、落ち込むことも・ …

家の中に出る蜘蛛の赤ちゃんの種類を紹介。何匹くらい生まれるの?

家の中で小さな蜘蛛の赤ちゃんを見つけたのって、もしかしたら・・・? スポンサーリンク 今回は、家で蜘蛛の赤ちゃんの種類や、1回で孵化する数などについてお話しますね。 スポンサーリンク

アシダカグモの駆除方法と捕まえ方、逃がしたい場合に必要な道具とは。

益虫と分かっていても、見た目や大きさのグロテクスさは我慢できない人も多いと思います。 アシダガグモの駆除方法と、逃がす場合の捕まえ方について話します。 スポンサーリンク

家の中に蜘蛛が出る原因で多い共通点とは。対策して家を守ろう

実は蜘蛛が出る家に多く見られる共通点があるんです。 我が家もしっかりそのクモが出る共通点に当てはまっていました。 今回は、クモが出る家の共通点についてお話しますね。 スポンサーリンク

アシダカグモがいるということは…。ゴキブリいない場合はどこから侵入?

ゴキブリハンターのアシダカグモが部屋に出た!ということは、我が家にはゴキブリがいるの~!? いえいえ、そんなことはないんですよ。 アシダカグモが出る環境について、お話しますね。 スポンサーリンク