虫の話

いろんな虫についてのブログ

クモ

蟻で糸を出す虫の正体。蟻みたいな蜘蛛は毒がある?

投稿日:

家の中によく出る蟻より、大きくて、背中が赤っぽい蟻が壁を歩いていました。

捕まえたら、お尻から糸を出して、私の手から逃げ出すこの蟻の正体や、毒性についてのお話です。

スポンサーリンク

家の中に大きい蟻

我が家では、色んな虫を見かけます。

蟻もよく見かけるのですが、珍しく大きな黒い蟻を見つけました。

外に逃がしてあげようと思い、ティッシュで捕まえたその時、ツツーーーっと、ティッシュから静かに下りていく蟻。

え?蟻なのに、お尻から糸?

すぐに調べてみたら、この蟻、実は蜘蛛でした!

蟻が糸を出す

この黒い蟻、とにかく動きが素早くて、なかなか写真に獲れなかったので、息子が持ってきてくれたガラスのビンに閉じ込めて観察。

足が左右4本ずつ、計8本あります。

蟻は、左右3本ずつ、計6本なんですね。

この蟻みたいな蜘蛛の正体は、ハエトリグモ科に属するアリグモという蜘蛛なんですよ。

8本ある足のうち、前足2本をアリの触覚のように見せているのも、特徴的です。

 

他のハエトリグモ類と同じように、巣を張らず、家の中を徘徊して、獲物となるハエなどの昆虫を捕食して生きています。

我が家の中では、アダンソンハエトリグモや、シモングモなど、いろんな蜘蛛をみるけれど、アリグモは初めて。

夏場は、たま~にコバエを見かけるけれど、繁殖したことはないし、きっと、アリグモやその他のクモ達が、捕まえてくれてるおかげなんだろうな~。

そして、我が家はエサに困らない環境なんだろうな~・・・となんだか複雑な気持ちになりますが、おかげであまりハエに悩まされる必要がないのは、ありがたいのかなと思います。

 

なぜ、蟻の姿に似ているのかというと、外敵からアリグモ自身の身を守るための擬態(ベイツ型擬態)という説があります。
よくみると、この蜘蛛、胴体が赤というか褐色で、頭とお尻が黒っぽいのが分かります。

これは、ヤガタアリグモという種類で、顔が丸いので、メスです。

オスのヤガタアリグモは、クワガタのハサミのような頭部が特徴です。

スポンサーリンク

蟻みたいな蜘蛛に毒はない

ヤガタアリグモは、毒をもっていないので、大丈夫です。

捕まえた時、たまたま家に遊びに来ていた知人に『噛んだりしないの!?』と聞かれましたが、噛むことはあまりありません。

見た目がちょっと蜘蛛っぽくないし、見た目の色の感じ(背中が赤い感じや、黒っぽい感じなど)が、なんだかちょっと気持ち悪い感じもするけれど、攻撃してくることはありません。

家の中で見かけたとして、食べ物や衣服、家具などに害はなく、あまり影響はありません。

まとめ

アリグモは、動きが早いです。

捕まえたり、外に逃がす場合は、見失わないように、気を付けてくださいね。

手で捕まえても、糸を使って、下に降りてしまうので、ビンのようなものに閉じ込め、下から下敷きや紙のようなもので蓋をし、外に放してあげるのが、手っ取り早いかもしれません。

スポンサーリンク

-クモ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蜘蛛の卵が孵化する期間と何匹生まれるか。駆除はどうする?

蜘蛛って種類によって、産卵時期も孵化する時期もバラバラなんですよ。 そして、一度に産む卵の数だって、かなり個体差あるんです! 中には聞いて、鳥肌が立ちそうな位の卵を産むクモも存在します。 そんな蜘蛛の …

ベランダのクモの巣対策。除去と予防策で二度と張らせない

ベランダにクモの巣、気持ち悪いし困りますよね。 除去しても次の日には、新しい蜘蛛の巣が張られていると、気が滅入ります。 蜘蛛の巣対策をしっかりして、快適なベランダを取り戻しましょう。 スポンサーリンク

アダンソンハエトリの見分け方!食事や生態も紹介。噛むことはある?

数あるハエトリグモの中でも、家の中でよく見かけるアダンソンハエトリ。 スポンサーリンク 今回はアダンソンハエトリの生態についてのお話です。 スポンサーリンク

家の中に蜘蛛が出る原因で多い共通点とは。対策して家を守ろう

実は蜘蛛が出る家に多く見られる共通点があるんです。 我が家もしっかりそのクモが出る共通点に当てはまっていました。 今回は、クモが出る家の共通点についてお話しますね。 スポンサーリンク

蜘蛛が持つ袋は卵を守るもの、抱える意味や孵化する期間と産まれる数

出くわした蜘蛛が袋のようなものを抱えていたら、その袋の中には蜘蛛の卵が詰まっています。 そうなんです、これ実は卵じゃなくて、卵を包んでいる外側なんです。 袋の中には、一体どれくらいの卵が入っているか想 …