虫の話

いろんな虫についてのブログ

ハエ

ベランダの鉢植えのコバエを駆除。対策と原因を知って退治しよう

投稿日:

ベランダで観葉植物や花、ミニトマトなど家庭菜園をされている方、結構いらっしゃると思います。

せっかく育てているのに、植物の周りをコバエがブンブン飛び回っている光景は、はっきり言って不快&気味が悪い。

ベランダで植物を育てる際の、コバエ対策についてお話しますね。

スポンサーリンク

ベランダの鉢植えにコバエが出る原因

ベランダの植物にコバエが湧く原因として

  • すでに土の中にコバエの卵や幼虫が存在していた
  • 外からやってきたコバエが土の中に産卵した

のどちらかだと言えます。

植物に湧くコバエは、植物に興味があるわけではなくて、土の環境が大事なんですもん。

 

植物を購入した時期によっては、コバエが産卵した卵や幼虫が土の中に混じっていても、おかしくはないんです。

植え替え用に購入した土や肥料の中に卵が入っている場合もあるんです。

コバエの卵も幼虫も肉眼で見えるわけじゃないから、確かめようがないですよね。

だからコバエの成虫がベランダで発生しても、『え?なんで?』『どこからわいたの?』と不思議に思うことになってしまうんです。

 

コバエは外を自由に飛び回っているから、マンションでも低層階や戸建のベランダでは、植木の土の中に産卵されてしまう可能性もあります。

ベランダに置いてある植木鉢や植物の周りにコバエが発生したら、土が原因になっていると考えましょう。

ただし、コバエ対策をしっかりすれば、これからもベランダで植物を育てることは可能なんです。

鉢植えのコバエ駆除の方法

まずは湧いてしまったコバエ対策なのですが、吊り下げるタイプの殺虫剤は屋外だと範囲が広すぎて、効き目が弱くなってしまって、あまり効果が得られません。

それよりもコバエの卵が孵化する土に罠を仕掛けた方が、より高い効果を期待できます。

土に刺しておくと、土の中からはい出してきたコバエの成虫を、粘着剤で捕らえてくれます。

大量発生している場合には、すぐ粘着部分が真っ黒になるから(コバエがびっしりくっついて)、交換頻度が高くなって、コストがかかる恐れはあります。

 

コバエが大量発生していたり、一発でコバエを退治したい!、薬剤の使用がOKという場合、下のような薬剤を土に混ぜて、コバエを駆除する方法もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺虫剤 オルトランDX粒剤 200g 関東当日便
価格:860円(税込、送料別) (2019/5/9時点)

楽天で購入

 

他にも、コバエを退治する方法はあるのですが、これからもベランダで植物を栽培するなら、コバエが発生しにくい状況を作るのが一番です。


スポンサーリンク

コバエの鉢植え対策

植物に湧くコバエは、土の中で産卵・孵化・成長します。

コバエが好む土の環境として、

  • 常に湿っている
  • 腐葉土などを利用している
  • 有機栄養素が豊富

なことなどがあげられます。

ベランダにプランターを置いてミニ菜園などやっている場合など、腐葉土を利用していることもあるんじゃないでしょうか。

腐葉土や朽木など腐敗した植物を、コバエは喜びますからね。

格好の発生源になります。

 

それから水はけが悪かったり、常に水分を与えている場合、土の中の風通しが悪く、常に湿り気があるから、やっぱりコバエの卵や幼虫が好きな環境ってことになります。

そして腐葉土や培養度は、栄養分(有機栄養素)が豊富なので、どんどん成長して、どんどん飛びだって、そしてどんどん産卵しちゃいます。

 

ハエの種類にもよるけれど、植物にわくコバエとして有名なクロバネキノコバエは、メス一匹で60~70個程の卵を産みます。

卵から成虫まで1ヵ月程で成長して、また卵を産むことになるので、あっと言う間に大量発生につながるんですね。

腐葉土や一般的な培養土だと、未使用でも卵や幼虫が混ざっている可能性はあるので、下の画像のような土だと安心して使えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハクサン ふくらむ培養土ボード 約20L
価格:624円(税込、送料別) (2019/5/9時点)

楽天で購入

 

ヤシの実の天然繊維を使った土なので、コバエの卵や幼虫が混ざっている心配がありません。

それにコンパクトなので、重たい土をベランダまで運ぶ手間が減ります

使い終わったら、燃えるゴミとして出せるのも大助かりです。

こういうヤシの繊維を利用した植物用の土もあるので、この機会に変更してみるのもいいかもしれません。

 

腐葉土や培養土を利用する場合ですが。

使用前に卵や幼虫を退治するために、黒いビニール袋に土を入れて、日向に置いておくと、高温消毒になります。

また、有機質の土の上に、無機質の土を被せて、コバエが有機質の土に触れることができないようにするという方法もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロトリーフ マルチングストーンM 1kg
価格:397円(税込、送料別) (2019/5/9時点)

楽天で購入

 

まとめ

ベランダの植物にコバエが発生した場合には、

  • 発生している成虫のコバエを駆除する
  • 土の中の卵や幼虫を駆除する
  • コバエが発生しづらい土の環境を整える

この3点を実行してみてください。

特に土の中の卵や幼虫がいなくならないと、ずっとコバエが発生し続けることになるので、しっかり退治することが重要ですよ。

スポンサーリンク

-ハエ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

観葉植物のコバエ対策は土が重要。培養土の危険性と虫がわかない対策

スポンサーリンク 観葉植物にコバエがわく理由は、土の種類や状態が大きく関わってきます。 コバエが産卵しやすい環境になっているのかも! コバエの大量発生を防ぐためにも、もう一度、土の状態を確認しましょう …

カブトムシの虫かごにコバエはどこから入るのか原因と対策を紹介

毎年、知人や親せきの家からカブトムシをもらいます。 スポンサーリンク 我が家は玄関でカブトムシやクワガタのケースを置いているので、コバエが発生するととっても困ります。 ケースの中でぶんぶんコバエが飛び …

クロバネキノコバエはどこからやってくるのか。発生源と原因について

毎年、夏と秋にうじゃうじゃ発生するクロバネキノコバエですが、どこからやってくるのか、なんであんなに大量発生するのか、謎ですよね。 スポンサーリンク クロバネキノコバエが発生する原因がわかれば、対処のし …

コバエが網戸から侵入。駆除対策と原因を知って侵入経路を減らそう

スポンサーリンク 網戸を閉めているのに、いつの間にかコバエが侵入。 せっかくのいいお天気だから、空気も入れ変えたいのに、コバエが入ってくるんじゃ、おちおち窓も開けてられないですよね。 コバエが網戸を通 …

ミニトマトの葉の白い線はハモグリバエを駆除!病気になるの?

ミニトマトは育てるのが簡単だし、たくさん収穫できるので、毎年欠かさず育てています。 スポンサーリンク でも、気付くと葉っぱに白くて太い線が付いているんですよね。 この白い線の正体と対策についてお話しま …