虫の話

いろんな虫についてのブログ

クモ

蜘蛛が卵を家の中に産む場所や産卵する数はバラバラだった!

投稿日:

ふとみたら、クモの卵が産みつけられているのを見つけて、びっくり!ということありませんか?

家の中で産卵するクモにはいくつか種類があります。

そして、その産卵時期や卵の数はバラバラなんです。

家の中に卵を産みつける蜘蛛の種類や産卵についてお話しますね。

スポンサーリンク

蜘蛛で卵を家の中に産みつける種類

人家やその周辺でよく見かける蜘蛛として、アシダカグモ、ユウレイグモ、シモングモ、ハエトリグモ、ヒラタグモなどの種類がいます。

家で産卵するクモは、一回の産卵で数十~数百個の卵を産み、蜘蛛の糸でたまごをぐるぐるに巻いた状態にします。

この糸で卵をぐるぐる巻きにしたものを卵嚢(らんのう)っていいます。

 

クモによって、卵嚢の特徴や産卵後の行動は違うんです。

アシダカグモは、丸い円盤状の白い卵嚢を口に咥えて、お腹の下で保護しながら、孵化直前まで卵を守ります。

孵化直前に家のどこかに卵嚢をくっつけて、近くで孵化するのを見守るんです。

ユウレイグモや、シモングモも孵化するまで、卵嚢を口に咥えるのですが、ブドウの房のような卵嚢を口からぶら下げて、移動します。

ハエトリグモは普段はクモの巣を貼らないけれど、天井近くに一時的なシェルターを作って、その中に卵嚢を隠します。

 

こんな風に、家の中に出没するクモといっても、その卵嚢の特徴は結構バラバラ。

他にも、イエオニグモとかヒラタグモとか、ふわふわの白い繭状の卵嚢もよく見つけます。

蜘蛛が卵を産む場所

卵嚢を口で持ち運ぶタイプは、基本自分で持ち歩いているので、見つければ、成体と一緒に卵嚢も駆除できます。

アシダカグモみたいに、孵化直前で、家の中のどこかに置くタイプは、そのどこかが難しい・・・。

カーテンや壁など、色んなところに孵化直前の卵嚢をくっつけるんですね。

だから、アシダカグモの卵嚢を見つけた時には、卵嚢の中で孵化している可能性があります。

 

卵を産みつける場所として、天井近くを選ぶ蜘蛛も結構います。

家の中は、隙間がたくさんあるから、クモにとっては、安全で最適な産卵場所がたくさんあるんです。

家具の隙間や押し入れ、トイレの墨や裏など、普段なかなか掃除が行き届かない場所=人間に邪魔されない場所を選んで、卵を産みつけます。

孵化する前に卵嚢を見つけられると、いいんですけれどね。

産卵してから孵化するまでの期間が短い蜘蛛もいるので、卵のうを見つけても、すでに抜け殻という可能性もあります。


スポンサーリンク

蜘蛛の産卵数

クモは種類によって、1個の卵嚢の中に数十個~数千個の卵が入っています。

家によく出る蜘蛛の場合、数十個~数百個を産卵します。

家に出る蜘蛛では、アシダカグモは産卵数が多くて、年に2回の産卵、1個の卵嚢に200~400個程度の卵が入っています。

合計して、1年で400から800個の卵を産むことになりますね。

イエオニグモで50~60個程度の卵を産みます。

産卵の数は個体差にもよりますが、家で蜘蛛の巣を見つけたら、最低でも数十匹は孵化すると覚悟しましょう。

 

こんなに大量に孵化しても、全部が大人になれるわけではないんですよ。

子グモ同士で共食いしたり、他の虫に食べられたり、成長不足だったり、様々な理由で幼体の途中で命を落とします。

しばらくすると、旅立ちの時を迎えるので、無事に育ったクモの幼体は、バルーニングといって、おしりから糸を出し、風にのって、新しい住処へと旅立っていくんです。

だから、産まれた場所にとどまって成体になれるクモは、ほんのわずかなんですよ。

一ヶ所に大勢でいても、エサも充分に取れないですからね。

風に吹かれるまま、新天地でエサの獲れる場所を見つけるんですよ。

蜘蛛の自立って、結構早いんですよね。

まとめ

蜘蛛は種類によって、産卵時期も孵化する期間、成長の速さ、寿命、どれもがバラバラなんです。

蜘蛛の中には、5年以上生きるタイプもいるので、生涯で卵を産む数も相当なものになるんです。

家の中でなるべくクモに卵を産みつけられないよう、定期的に隅々までお掃除をすると、予防策や早期発見にもつながりますよ。

スポンサーリンク

-クモ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ミニひまわりの葉が虫食いにあう。食べる害虫の正体と駆除方法

小学校の終業式前に、子供が持ち帰ってきたミニひまわり。 水やりは息子の当番(あたりまえか)なので、私は関与していなかったのですね。 かなり日にちが経って、そういえば、ミニひまわりどうしたかな~と見てみ …

蜘蛛が孵化する季節はいつ?卵の期間や何匹生まれるのか紹介

蜘蛛の赤ちゃんが生まれる時期は、種類によって違うんです。 産まれる時期で、寒い冬の越し方も違ったり・・・。 蜘蛛の産卵についてのお話です。 スポンサーリンク

車の中の蜘蛛を退治する方法。駆除対策におすすめのグッズを紹介

車を運転中に、クモが現れたら驚きますよね。 中には事故につながった例もあります。 車の中のクモを退治する方法と、駆除するのに便利なグッズについてお話していきます。 スポンサーリンク

蜘蛛の卵の取り方。卵嚢を駆除するときのポイントと除去後の対策

クモの卵を見つけたら、中から大量に産まれてこないうちに、取り除きたいですよね。 でも駆除に失敗して、わさわさと中から大量の子グモが出てくるのは避けたいところ。 問題なくクモの卵を駆除するために、クモの …

マンションの蜘蛛はどこから入る?高層階にも出るワケ。対策どうする

マンションやアパートなのに、蜘蛛が出るってなんだか不思議ですよね。 高層階ならなおさら、どうやって部屋の中に入り込むのか謎ではないでしょうか。 マンションの中に蜘蛛が入ってくる原因や対策について、お話 …