虫の話

いろんな虫についてのブログ

ダニ

タカラダニは噛むの?毒性や危険性はどれくらい?噛まれた時の対処法

投稿日:

暖かくなると大量発生するタカラダニ。

うっかり噛まれたり刺されたりしたら、と思うとおっかないですよね。

タカラダニの噛みつきや毒性、危険性についてお話しますね。

スポンサーリンク

タカラダニは噛む?

家の周りで、5月頃から大量発生するタカラダニは、正式には、カベアナタカラダニという名前があります。

カベアナタカラダニは、人間や動物を咬むことはありません。

今のところ、日本国内で噛まれた、とか、噛まれて体に影響がでたという例は上がっていません。

 

でも、実際にタカラダニに触れたら、指先にチクっと傷みを感じた人もいます。

それはなんでかっていうとですね。

カベアナタカラダニの口って、ストローのような形になっていて、寄生した虫の体液や花粉を吸って生きています。

イエダニやマダニと違って、人の血を吸うことはないし、人に対して攻撃することはありません。

手で触れた瞬間、ストローのような口の先っぽが偶然、接触した部分に刺さったという考え方が、一般的です。

タカラダニだけではないんですけれど、ダニは栄養を咀嚼(そしゃく)ではなく、吸汁して取り込みます。

なので、ダニが人を咬むということはありません。

タカラダニに限らず、ダニによって、何らかの炎症が起きた場合は、ストローの用な口で、刺されたと思ってくださいね。

タカラダニは毒性を持つ?

マダニやイエダニに吸血された場合など、吸血された皮膚の部分が赤く腫れて、炎症を起こすことがあります。

感染症にかかる可能性もあります。

カベアナタカラダニの場合、今のところ、間違って体に刺さってしまった場合でも、なにかしらの症状が出たという例はありません。

危険な毒性は、持ち合わせておらず、ただただ、あの真っ赤な見た目が、私たちを不快にさせる、という、ちょっと可哀そうなカベアナタカラダニです。

ただ、毒性はないけれど、ある条件によっては、皮膚に発疹が出ることがあるんです!


スポンサーリンク

タカラダニの危険性とは

カベアナタカラダニは、4月頃から7月までの数カ月に渡って、突然、大量発生するというだけで、危険性はありません。

毒もないし、刺したりしない、ただただ大量に発生して、人間に不快な思いをさせるだけの生き物です。

だから、カベアナタカラダニからは、何もしてこないんですけれどね。

うっかり潰すと大変です!!

 

カベアナタカラダニを潰すと、体内の赤い体液が出てくるんですが・・・

この赤い体液が付着すると、シミになって落ちないんです!!

布地に限らず、床材やビニルタイルなど、間違って潰したら、赤いシミがとれない~(泣)なんて、ことになりかねません。

また、カベアナタカラダニの赤い体液を、皮膚に24時間、付着したままにすると、発疹が出ることがあります。

痒みはないけれど、やはり皮膚のトラブルは避けたいところですよね。

カベアナタカラダニ自体には、毒性も危険性も大してないけれど、触れないようにするのが一番かなと思います。

まとめ

カベアナタカラダニは、ベランダの洗濯物にも付着します。

一度シミが付いたら、洗っても落ちないので、取り払う時には、潰さないよう、そして間違って刺されないように、注意してくださいね。

スポンサーリンク

-ダニ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

赤い蜘蛛の小さいのがベランダに出たときの駆除と対策。正体はタカラダニ

5月頃のG.W明け頃から、頻繁に見られるようになる、小さくて真っ赤な蜘蛛。 実はこの赤くて小さい虫はクモではなくて、タカラダニという種類のダニなんです! 真っ赤で不気味なタカラグモについて、お話します …

タカラダニの産卵場所に天敵は入り込めない!?卵の駆除どうする?

5月になると、小さい真っ赤なカベアナタカラダニが、大量に発生しますよね。 スポンサーリンク カベアナタカラダニの卵って、天敵に狙われないんでしょうか? そもそも、カベアナタカラダニの天敵って? 今回は …

赤い蜘蛛のような1ミリほどの虫が春に大量発生するワケ。正体はダニ

春になると、小さくて赤い蜘蛛のような虫が、家や公園、壁、コンクリートなど、あちこちに大量発生します。 この1ミリ程の赤い小さい蜘蛛のような虫の正体はダニ! ダニの詳しい正体と大量発生のワケ、対応策につ …

タカラダニのせいで洗濯物や布団が干せないときの対策。赤いシミどうする?

5月頃からタカラダニをベランダなどで見かけるようになると、洗濯物や布団を干すの困りますよね。 スポンサーリンク タカラダニが発生する数カ月の洗濯物と布団をどうすべきかの対策についてお話します。 スポン …