虫の話

いろんな虫についてのブログ

クモ

ベランダによくいるクモの種類はこれ!放置か駆除か悩んだときの対応

投稿日:


ベランダでクモを見かけると、ドキッとしますよね。

ベランダによくいるクモの種類についてのお話です。

スポンサーリンク

ベランダのクモの種類について

家のベランダでよく見かけるクモには、

  • イエオニグモ
  • ズグロオニグモ
  • オニグモ
  • コガタコガネグモ
  • ギンメッキゴミグモ
  • オオヒメグモ
  • アシダガグモ

などの種類があります。

結構いろんな種類がいますよね。

イエオニグモ

世界中の暖かい地域で見かけるクモです。

自然の環境よりも、人が作った環境が大好きなので、人家に多く住みつくクモで、家の軒下で見かけることも。

蛍光灯とか灯りの周りも好みです。

 

イエオニグモは、夜に巣を張る性質があり、昼間は巣をたたんでベランダの隅っこにいたりするので、明るい時間帯にクモの巣を見ることは少ないかもしれません。

オニグモ類は、頻繁にクモの巣を張り替えるタイプで、巣を自分で食べることで、巣を片付ける手間を省いています。

 

ズグロオニグモ

南西諸島を除く日本全土に生息していて、人工物が大好きなクモで、ベランダ以外にも、公衆トイレ、駅、電話ボックスなどいろんな施設でみかけます。

自然環境ではほとんどみかけないクモです。

イエオニグモとの違いですが、イエオニグモは人家に生息することが多く、ズグロオニグモは人気(ひとけ)は関係なく、人工物ならどんな建物でもOK、というところです。

昼間は隅っこで筒のような巣の中でじっとしていて、夜になると、クモの巣を張ります。

オニグモ

イエオニグモやズグロオニグモは大きくても1cm程度ですが、オニグモは大きいものだと3cmほどの大きさになります。

日本列島とアジアの数カ国で生息しています。
どこにでも生息しているので、自然環境、人為的環境のどちらでも見かけるクモです。

 

オニグモも、クモの巣を朝に畳んで、夜に広げる習性がありますが、地域によっては昼間も多々畳まない場合もあるようです。

めんどくさがりなのか、合理性を選んだのか・・・

捕まえようとすると、噛んでくることもあり、傷みがありますが重症化することはあまりないようです。

コガタコガネグモ

日本に昔からいるクモで、日本のいたるところで見かけるクモです。

見た目がジョロウグモと似ているため、間違われることもあります。

コガネグモの種類は、昼間もクモの巣の真ん中で過ごすことが多いです。

ギンメッキゴミグモ

ゴミグモは自分の巣に、ゴミや食べカスを溜めて生活する習性があるのですが、ギンメッキゴミグモはあまりゴミを溜めないゴミグモなんです。

代わりに『かくれ帯』をクモの巣に付けて、人が近づいた時に隠れたりします。

本州から九州地域に分布する小さい蜘蛛(5mmくらい)で、人家以外にも林や公園で見られるクモです。

オオヒメグモ

不規則な形のクモの巣を張って、地上や壁を歩く虫を捕食する小さなクモです。

日本だけでなく世界中の人家で見られるクモなので、よく見かける人も多いと思います。

ズブロオニグモみたいに人工的な建造物が大好きで、新築の家だろうと高層ビルだろうと生息します。

人家だと軒下、窓枠、壁、物置どこでもクモの巣を張って、獲物を狙ってるんです。

アシダガグモ

徘徊型で蜘蛛の巣を張らずに、移動しながらエサである虫を捕食しているクモです。
家の中、外を選ばすに、移動しています。

家の中にも多く生息するクモで、ゴキブリやバッタなどの大きい虫も食べます。

ベランダのクモは放置して大丈夫

カバキコマチグモのように、咬み付かれると激しい傷みや炎症を伴うクモもいるのですが、上記であげたクモに関しては、放置しても特別に問題はないです。

ベランダにエサとなる虫がいる限り、クモはベランダに住みつきます。

クモがいれば、他の害虫を見る可能性は少なくなります。
そして、虫がいなくなれば、クモはエサを求めて他の場所に移動するんです。

困るとしたら、

  • 見た目のグロテスクさからくる不快感
  • ベランダや物干しに張られるクモの巣
  • そして卵のう(卵がつまった袋)をうみつけられる可能性がある

ということです。


スポンサーリンク

ベランダのクモを駆除するなら

ベランダにいるクモを駆除したいなら、

  • クモそのものを駆除するか
  • クモのエサとなる虫を駆除するか

になります。

 

クモそのものを駆除するなら、クモの巣予防スプレーを撒く方法があります。

虫が発生する原因を取り除くためには、ベランダの掃除が手っ取り早い方法です。

ベランダにクモが出ないようにする対策についてはこちら
ベランダのクモの巣対策。除去と予防策で二度と張らせない

まとめ

ベランダでよく見かけるクモを紹介しました。

他にも、産卵期に人家に紛れ込んで、人を咬むカバキコマチグモなど、危険なクモもいます。
もし見慣れないクモをみたら、むやみに近づかないようにしてくださいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-クモ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蜘蛛退治の方法。家の中の駆除と室内の予防に効果的な対策

家の中で、蜘蛛をみかけるとドキッとしますよね。 クモは益虫とはいうけれど、やっぱり苦手なものは苦手。 室内に出た蜘蛛を身近な道具で退治する方法と、駆除した後、家の中にクモを寄せ付けない為の予防策につい …

蜘蛛が孵化する季節はいつ?卵の期間や何匹生まれるのか紹介

蜘蛛の赤ちゃんが生まれる時期は、種類によって違うんです。 産まれる時期で、寒い冬の越し方も違ったり・・・。 蜘蛛の産卵についてのお話です。 スポンサーリンク

でかい蜘蛛で足長いのが家の中に出た。毒や退治方法はどうする?

家の中にいきなりでかい蜘蛛がでたら、驚いて固まりますよね。 スポンサーリンク でかくて足長なこのクモは、実は意外な特徴で人気モノだったりします。 正体や毒の有無、生態についてお話しますね。 スポンサー …

蜘蛛の卵が孵化する期間と何匹生まれるか。駆除はどうする?

蜘蛛って種類によって、産卵時期も孵化する時期もバラバラなんですよ。 そして、一度に産む卵の数だって、かなり個体差あるんです! 中には聞いて、鳥肌が立ちそうな位の卵を産むクモも存在します。 そんな蜘蛛の …

蜘蛛の卵でふわふわした繭の正体。白い繭が蜘蛛の巣だったときの対処法とは

家の中で、白いふわふわした繭のような塊を見つけたら、ドキッとしますよね。 白いふわふわした繭が蜘蛛の卵なのか巣なのか、もし卵だったらどうしたらよいかのお話です。 スポンサーリンク